スタッフブログ
ののはなスタッフのブログです。

草木染用に藍の種を蒔く

2013.04.30

カテゴリ:工房やまわりのできごと, 草木、自然のはなし, 草木染のこと

今年は藍を育てて草木染に!

野の花工房の草木染教室では、藍を育ててその生葉でシルクを染めることが良くあります。藍は強い草なのであまり失敗しないらしいのですが、なかなか工房の庭ではうまく育たなかったのです。

最大の理由はおそらく水不足 

田んぼの横で水がふんだんに流れている畑で、教室の生徒さんに藍を育ててもらった時はいきいき根を張っていたのを見て、「なかなか工房の庭では難しそう」と思っていたのです。

そんな時、別の生徒さんから「プランターでもいきいき育ったよ」と言う話を聞き詳しく聞いてみると、どうやら保水力が高くて深めの野菜用プランターというので育てたらしい。

では、今年はうちでもやってみようということで藍の種を入手しました

草木染用の藍の種(西に多い長葉の種)草木染用の藍の種(東に多い丸葉の種)

(今回2種類の種が入手できました。上:長葉(関西、徳島に多い)下:丸葉(関東に多い))

「藍はツバメが飛んだら種まき」といわれているそうですが、少なくとも5月の連休までには蒔いた方が藍の生葉染をしたい時期にしっかり成長してくれます。

2013年3月19日 藍の種(長葉、丸葉両方とも) 種まき 

腐葉土と赤玉土1:1で混ぜたもの

草木染用の藍の種、種まき

 

2013年4月1日 長葉が発芽

2013年4月10日 遅れて丸葉が発芽

2013年4月20日 長葉を野菜用プランターへ

 

藍長葉を植替え 

(↑大きくなってきた長葉の藍)

藍長葉を植替え、プランターへ藍長葉を植替え、プランターへ

(↑プランターへ移す)

藍丸葉は成長待ち

(↑同じ時期の丸葉の藍)

 

丸葉の藍はもうちょっと成長待ちですね。

ちなみに育った藍はこんなかんじで草木染(藍の生葉染)ができます。

藍の生葉染(藍の生葉を草木染教室で染める)の記事を読む

 

 

 

野の花工房では、季節を追って色んな旬の植物が毎月染められる一日草木染教室を定期的に開いています。月一回の出席で毎月違った草木でストールやTシャツ、タペストリーや服地など自分の好きな材料を染めていただけます。また、一日教室に通うための第一ステップとして体験入会も用意しています。   

 

どうぞ一度ご参加下さい。 
詳しくは↓ ↓ ↓ 
野の花工房のホームページ まで


スタッフブログ一覧

これまでのブログ
カテゴリー
ブログを検索