スタッフブログ
ののはなスタッフのブログです。

小澤征爾音楽塾 コンサートに行ってきました(京都コンサートホール)

2009.04.07

カテゴリ:こんなところに行ってきました

クラシック音楽ファン、小澤征爾ファンとしては見逃すことはできません。まだ東京にいるころ、発売日当日小一時間チケットの電話がつながらず(有名歌手みたいでしょ?クラシックでも人気コンサートはこんなことがあるんですよ)なんとか手に入れたチケットです。
工房での展示会の仕事も早めに切り上げ経営のアドバイスをいただいている方がお見えになっているのも両親に任せ(O先生ごめんなさい)、京都・北山の京都コンサートホールに行きました。

2009年小澤征爾音楽塾コンサート(京都コンサートホール)のチケット

コンサートホールにつくとチケットは完売のようで多くの方がお見えになってました。着物の方も多く見かけ京都らしいなと思いました。素敵な音符をあしらった帯の方も。野の花工房の草木染のバッグがよく合いそうだななどと余計な事を考えながら、コンサートは始まりました。

このコンサートは小澤征爾とサイトウ・キネン・オーケストラメンバーが若手の音楽家を教え、その発表会のような形でのコンサートです。

指揮:小澤征爾
オーケストラ:小澤征爾音楽塾オーケストラ

ラヴェル:マ・メール・ロワ
ベートーヴェン:交響曲 第7番
アンコール
モーツァルト:ディベルティメント(喜遊曲) ニ長調 第二楽章

でコンサートなんですがとにかく良かった。
「気負って、気負って、気負って」情熱の指揮に応えようとする熱のこもった若いオーケストラ。余力なんてまったくなしといった感じです。小澤征爾が最近若手育成に力を入れる理由がわかる気がしました。指揮者とオーケストラがお互いに力をもらって一生懸命にひとつのことをする。それはすごく大きなものができ、その喜びが満ちているのです。
恥ずかしながら第7番の第一楽章途中あたりから涙が止まりません。                   
ほかのお客さんも満足したようです。何度もコンサートに行っているとコンサート終わりの拍手の「密度」がわかってきます。昨日は「密度」が非常に濃かった。
感動して元気をいっぱいもらって帰りました。

明日からまたがんばるぞ。

四季の草木染「野の花工房」のHPは、こちらです。どうぞ桜や茜(あかね)など、色々な植物で染めた草木染の微妙な色や、その布を使って創った作品などをご覧下さい。


スタッフブログ一覧

これまでのブログ
カテゴリー
ブログを検索